WBC3連覇を目指す日本代表が、デルタ航空のチャーター機で合宿地に入ったアディダス ウェア。17日(同18日)からの決勝ラウンドは負ければ敗退だ。世界一まで2試合。能見篤史投手(32)=阪神=が、セットアッパーとして起用されることが決まったジャージ adidas。侍ジャパンが、最終決戦の地、米本土に足を踏み入れた。バスから降りた能見は、眼鏡にマスクを着用adidas ジャージ。背筋をピンと伸ばし、キャリーバックを転がす姿に長旅の疲れは見られなかったアディダス ウェア

 「とにかく、頑張るだけです」

 短い言葉に決勝ラウンドへの力を込めた。17日(同18日)の準決勝は、2試合で10回無失点の前田健(広島)、19日(同20日)の決勝は、12日のオランダ戦で1回無失点、2三振に抑えるなど復調気配の田中(楽天)が、それぞれ先発することが濃厚だ。adidas ジャージ 先発機会のない虎のエースが託されたのはセットアッパーだ。守護神の牧田(西武)までをつなぐ重要な役割を杉内(巨人)、摂津(ソフトバンク)らと担う。

ジャージ adidas 12日のオランダ戦で森福(ソフトバンク)、山口(巨人)ら日本を代表するセットアッパー左腕が打たれたことも能見に白羽の矢がたった理由だ。

 アディダス ウェアメジャーリーガーが大半を占める米国やドミニカ共和国の打者は、一般的にタテに落ちる変化球や緩急を苦手とする。落差のあるフォーク、チェンジアップなどをウイニングショットにする能見を、後半のここぞという場面に投入する-。adidas ジャージこれが山本監督の描く勝利へとつなげる継投だ。

 8日の2次ラウンドの台湾戦(東京D)では先発を託された能見だが、三回に押し出しの四球など3安打1失点、3四死球で途中降板。ジャージ adidas「持てるものは出し切った。いっぱい、いっぱいです」とうなだれたが、首脳陣の能見への評価は変わらない。

 屈辱の降板から10日。悔しい気持ちを胸に秘め、野球発祥の地で左腕を振り抜く。アディダス ウェア
日本代表の宿舎はフェニックスの繁華街にある、全米でチェーン展開している4つ星ホテル。ビジネスにも観光にも便利な立地でアディダス ウェア、1泊あたりの最安料金は税込みで1室約320ドル(約3万円)。屋外プールなど設備も充実しており、価格も手頃なために人気を博している。ジャージ adidas旅行者の口コミサイトでは、昨年オープンしたホテルの中で世界3位に選ばれた。adidas ジャージ
野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の日本代表は13日(日本時間14日)、当地で渡米後初の練習を行った。前日深夜にチャーター機で米国入りしたばかりの選手たちは、投内連係やフリー打撃など約2時間半、軽めのメニューをこなした。

adidas ジャージ 2次ラウンド最終試合のオランダ戦で1イニング2本塁打を放つ活躍を見せた阿部(巨人)は、時差ぼけの影響でよく眠れなかったと言いつつ、この日も鋭い打球を再三放ち、「打撃の調子が少しずつ上がっている」と手応えを感じている様子だった。アディダス ウェア 乾燥した気候のアリゾナらしい雲一つない快晴に、山本監督は「すがすがしい。天気のいいところで、選手もじっくり汗をかけている」と笑顔を見せた。また、14日に当地で予定されている米大リーグ・ジャイアンツとの練習試合で、田中(楽天)を先発させることを明らかにした。ジャージ adidas 日本は15日にはカブスと練習試合をした後、準決勝と決勝を行うサンフランシスコに移動する。日本が出場する準決勝は17日(日本時間18日)に行われる。adidas ジャージ
イースタン春季教育リーグ 日本ハム4―3西武(13日・鎌ケ谷) 日本ハムのドラフト1位・大谷翔平投手(18)=花巻東高=が13日adidas ジャージ、イースタン春季教育リーグの西武戦(鎌ケ谷)に「3番・DH」で先ジャージ adidas発出場。4打席で2打数無安打2四球だった。相手先発の40歳右腕、西口と2度対戦し「2ストライクからコーナーにキレのいいボールが来ていた。アディダス ウェア投手としても打者としても課題が出た」と教訓を得たことを明かした。

adidas ジャージ 14日の同楽天戦(鎌ケ谷)で中継ぎとして1回を投げる。ジャージ adidas2度目の実戦登板に備え、試合前にブルペンで35球を投げ込んだ。アディダス ウェア
オランダに快勝し、2次ラウンドの1位通過を決めてからわずか15時間後。日本代表は、決勝ラウンドの舞台となる米国に降り立った。アディダス ウェアすぐさま選手らは宿舎に移動し、翌日からの練習に備えた。
 強行軍ではあったが、早く米国入りするメリットは大きい。ジャージ adidas慣れ親しんだ日本での1次、2次ラウンドと違い、米国で行われる決勝ラウンドは周囲の環境が大きく変わってくるからだ。特に大リーガー不在となった今回は、異国の風土にどれだけ適応できるかは未知数な部分がある。

adidas ジャージ まずは時差。日本の宿舎があるアリゾナ州フェニックスと日本との時差は16時間あり、山本監督はその点への対応を気にかける。さらには、日本と大きく違う気候が、選手のパフォーマンスを左右する懸念もアディダス ウェア。与田投手コーチは「予測している乾燥や寒さ、そういうところを含めて、日本でやるのと何が違うか見ていかないといけない」と強調。滑りやすいといわれるWBC公式球への対応で、投手陣がさらに苦しめられる可能性もある。

ジャージ adidas 調子を取り戻しつつある打線は徐々に固まりつつあるが、投手陣は準決勝に先発予定の前田健以外は流動的。指揮官は「14日と15日もある」と2つの練習試合を重視する。短期間でいかに順応できるかもカギとなりそうだ。adidas ジャージ

 | 主页 |